勉強道具

資格取得に向けて

宅建資格を取るには、独学でも十分に可能です。初めて学習する人は、絵や図解の多い参考書を選ぶとよいでしょう。その方が視覚的に覚えられて楽に学習を進められるからです。最近は、インターネット講義とセットになっている参考書も人気です。

模型

とにかく安い勉強法は

宅建の勉強法として、通学講座や通信講座がありますが、最も費用が安い勉強法が独学です。独学であれば、ほとんど費用をかけず、自分のペースで勉強をすることができます。良いテキストを購入し、勉強計画もしっかりと立てて宅建取得を目指しましょう。

レディ

効率的に資格を取得

宅建は独学でも合格することは不可能ではありません。自分に適したテキストや参考書をフル活用することで、合格への道が見えてくるでしょう。自分のペースで学習を進めることができるだけではなく、予備校や通信講座よりもお金がかからないという大きな利点があります。

人気のビジネス資格を取る

勉強道具

自宅学習でも合格は可能

宅建は正式名称を宅地建物取引士といい、ビジネスに関連した国家資格の中でも最も人気が高いものの1つです。不動産取引業者にあっては、それぞれの事務所ごとに一定数以上の宅建資格の保有者を置くことが義務付けられています。また、一般企業にあってもオフィスの賃貸借や工場用地の確保など、不動産取引に関する専門知識が必要となる業務は多々あるため、宅建の有資格者が歓迎されています。宅建試験の合格率は毎年15〜17%程度であり、かなりの難関となっています。そのため、多くの受験者が資格スクールなどに通い、合格を目指して勉強に励んでいます。ただ、とある統計によれば宅建合格者の約8割は独学者であるとされています。そのため、1人で自宅学習しながら合格を目指すことも十分可能です。宅建試験の問題は不動産取引に関する基礎知識から関係法令、税制、取引の実務に至るまで幅広い範囲から出題されますが、出題の傾向や配点のパターンは毎年似通っています。そのため、独学に際してはインターネットなどで過去の傾向等を調べ、それに応じて配点の多い科目を重点的に学習するようにします。さらに、同じ問題が繰り返し出題されることもあるので、参考書と過去問題集を併用すると効果的です。また、不動産に関する制度改正が行われることもあるので、最新のニュースなどにも気を配る必要があります。資格スクールの場合は学校側が対応してくれますが、独学の場合は自ら情報収集する必要があります。もし自分でこうした学習環境を整えるのが大変だというのであれば、通信講座を利用して独学するという手もあります。実績に基づいた学習計画に従って勉強できるので、効率的に知識を身につけることが可能です。