とにかく安い勉強法は

模型

コツコツと自分で勉強する

宅建の試験は、合格率が15〜17%程度と言われ、手軽に取得できるような資格ではありません。そのため、どのような勉強法がいいのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。通学講座や通信講座などもありますが、費用が気になる人も多いことでしょう。最も安く宅建を取得できる方法が独学です。独学であれば、市販されているテキストなどの購入代だけで勉強をすることができるので、ほとんど費用をかけず勉強ができます。また、自分のペースで勉強を進められるのも大きなメリットです。独学で宅建を取得するためには、まず良いテキストの購入が必要です。イラストや図解など、分かりやすく解説しているテキストを選ぶと良いでしょう。このテキストでは、全般的に説明されているテキストの他に、民法のテキストも別に用意します。宅建では、民法の問題が難しく、この民法をどうクリアするかが大きなポイントになります。専門の民法のテキストで勉強することでより理解を深めることができます。勉強計画を立てることも重要なポイントになります。独学で勉強するためには意志の強さが必要です。勉強計画も立てず進めていたのでは、いつまでたっても勉強が進まないことも考えられます。また、仕事をしている人では、休日に集中して宅建の勉強をしようと考えている人も多いことでしょう。しかし、長時間の勉強は意外に効率が悪いものです。そのため、短時間でもいいので、毎日集中して勉強をする時間を作ることをおすすめします。コツコツと独学で勉強して費用をできるだけかけず宅建取得を目指しましょう。